2016年09月20日

宇宙から考える未来のバイオメカニクス

 9月中旬に立命館大学で、第24回日本バイオメカニクス学会大会(大会テーマ:未来のバイオメカニクスを解く)を開催しました。バイオメカニクスは、ひとの動き、スポーツ動作のメカニズムを解明し、日常からスポーツまでのパフォーマンス向上に貢献する研究分野です。この分野に関わる研究者、大学院生などが集まり、研究成果を発表し、この分野をさらに発展するための学会大会です。
 今回、特別講演として、宇宙飛行士の山崎直子先生に「宇宙から考える未来のバイオメカニクス」のタイトルでお話しいただきました。宇宙滞在による無重力による身体への影響(身長が伸びる、筋力の低下、顔のむくみ)。身体が自由に上下左右に動くので、人間関係における上下関係がなくなること。大きな力が必要なくなり、足でなくても移動できるので地上でいわれる「障がい」が宇宙では障がいではなくなり価値観が変わることなどを実際の場面を含めて丁寧に説明してもらいました。また、飛行中には人、機械ともにミスをするという前提にたち、トラブル対処は、人と機械の判断をイーブンにして、現場の状況にもとづいて最終決定するルールである、というお話しが印象的でした。今後、テクノロジーが発展するにつれて人と機械の関係はどうなるのか、気になるところです。その関係によって社会の制度、人の身体の使い方も変わってくるでしょう。
 今回の学会を通じて「未来」を深く考える時間をもらいました。
posted by 忠 at 13:07| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

リオデジャネイロ・オリンピック 大活躍

 リオオリンピックでの日本選手の大活躍は、日本中を元気にしてくれました。選手の皆さん、ありがとうございました。
 先日ある番組に出せてもらった折に、「今回の好成績の原因は?」と問われ、@選手のタレント発掘・育成、Aスポーツ科学の成果の活用、B東京2020決定に伴う選手のモチベーション向上、C国立スポーツ科学センター、ナショナルトレーニングセンターのシステム、の4つが上手く機能しているからと答えました。
 オリンピックで日本選手が活躍できなかった一昔前、二昔前、「精神力が足らず」というコメントを多く聞いたように記憶していますが、今の選手の集中力、活躍ぶりをみていると、精神的には非常にタフになっているのを感じます。おそらく、選手が海外のリーグで世界の強豪と戦かったり、多くの国際試合に転戦するなどスポーツ選手・指導者の“国際化”による好影響と考えています。
 もちろん世界一を競う選手は、極めて質の高いトレーニングを積み重ねます。そのトレーニング、体調管理、競技支援には、スポーツ科学の研究成果が活用されています。選手を支える研究者の喜びは、選手と同様に日夜を問わない研究推進により、選手の背中を1cmでも0.1秒でも押せるように貢献することです。
 東京2020では、選手がさらに質の高いトレーニングで研鑽を積み、それを最先端の研究成果が支援し、「みる」「する」「支える」の全ての人が大きな喜びに包まれることを期待したい。
posted by 忠 at 00:00| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

【マスターズアスリート 宮崎秀吉さん】

いま、リオデジャネイロでは、オリンピック大会真っ盛りです。オリンピックの後は、パラリンピック大会です。2020年は東京でオリンピック・パラリンピックが開催されますが、2021年に日本で開催されるスポーツの世界大会は何かご存じですか?関西で開催されます。ワールドカップラグビーではありません。ワールドカップラグビーは、2019年です。

そうです、『ワールドマスターズゲーム』です。ワールドマスターズゲーム2021が関西で開催されます。何と記念すべき10回大会で、アジア開催は初めてのことです。競技種目は、これから発表されますが、 個人種目である、陸上競技、水泳、アーチェリー、柔道、ウエイトリフティング、団体種目である、バスケットボール、ソフトボール、ハンドボール、ラグビーフットボール、 セーリング、 水泳、などが予定されています。参加条件は、「年がいっていること」「参加費を払うこと」が主なものです。“日本代表”になるチャンスですので、年齢が25歳以上(種目によってはそれ以上)の方はチャレンジして下さい。

さて、表題の宮崎秀吉さんです。マスターズアスリートの代表格で、多くのファンがおられます。本にもなっています。なんと、競技を始められた(スポーツを始められた)年齢が92歳。そこから、陸上競技のトレーニングをはじめて、100歳の100m世界記録を樹立(陸上、水泳などの記録は、5歳刻みで認定さています)。昨年は、なんと105歳の年齢区分で、100mと砲丸投の世界記録を樹立されました。これらの種目の年齢区分はそれまで、100歳でしたが、105歳のスーパーアスリートが誕生しました。

今も早朝からトレーニングされ、朝、昼、夜と体操、補強運動を欠かされないとのこと。健康長寿のお手本のような方です。

いくつになっても、夢中になり、チャレンジすることが人生を輝かせて長寿につながるのでしょう。その意味では、スポーツはいくつになっても本当に良いものです。  
posted by 忠 at 00:00| Comment(0) | 男子陸上部☆部長コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする