2017年03月13日

【オートファジー】

先日、学内で開催されたシンポジウムで、
「健康維持は死ぬまで自転車操業−タンパク質は壊されないと生きられない−」
木南先生(順天堂大学)

の講演を拝聴する機会を得ました。講演の内容は、オートファジーと健康に関する内容でした。大隅先生が、昨年ノーベル賞を受賞された内容もオートファジーに関するもので、一般にも広く浸透してきていると思います。

 ご存じのように我々の身体(細胞)は新陳代謝を繰り返しながら、生命を維持しています。これは恒常性としてよく知られています。その際に、身体を構成しているタンパク質は、常に入れ代わっています。1ヶ月で全身が入れ代わるともいわれています。ということは、タンパク質が常に合成されているとともに、つねに壊されていることになります。

 なぜこのようなことを繰り返すのか、と考えると、タンパク質をつくるときに不良品のタンパク質ができたりします。もちろん、使っている内に使えなくなるタンパク質が出てきます。このような不良品・使えないタンパク質のまま放置しておくと、全身がゴミのタンパク質が山のようにたまってしまい、病気を引き起こしたりすることになります。そのため、不良なタンパク質を壊すシステムを働かせて、選択的にいらないタンパクをみつけて壊し、細胞の正常状態を維持しています。このあたりのシステムが、『オートファジー』といわれているところです。人間の生体維持システムの精妙さです。

 人と車との比較の話では、人も車も、食物(ガソリン)を食べ、活動(仕事)をし、排泄物(排気ガス)をだして、やがて老化します。ただし、車は部品交換を必要なときにだけ行っていますが、人は常時、部品の交換を行いながら、身体を維持しています。まさに、講演のタイトルにあるように、造っては、壊しの自転車操業で、人間の身体は維持されています。自転車操業は、経済活動ではあまり良い意味では使われていないですが、人にとってはまさに生命線の活動です。
posted by 忠 at 13:26| Comment(0) | 男子陸上部☆部長コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする