2015年04月24日

【問う力】

春のシーズンが始まりました。京都インカレでは、見事に総合優勝を勝ち取り、次の関西インカレに向けて良い流れができました。

 今年も多くの新入部員が男子陸上競技部の門をくぐってきました。大学の体育会でスポーツを行う学生アスリートは、当然のことながら本業としての大学での学びと課外でのスポーツ活動の両立が求められます。両立することで成長する多くのきっかけ、道筋を手に入れられますが、達成するには高い水準の志と実行力が必要です。

 大学では、高等学校までとは異なり、学問研究を通じて自らの課題を発見し、その課題解決を進めることになります。研究を進める第一は課題の発見(設定)です。これまでに積み上げられてきた研究成果、背景をまとめて、何が課題であるかを明確にする必要があります。言い換えれば、問題を設定する力「問う力」が求められます。

 課題は何か?、その課題の意義は?、その課題を解決する方法は?などなど、なぜ?なぜ?と問い続けることが必要です。まさに、大学の学びは、この問い続けられる力、そして具体的に実行する力が求められます。特に、「問う力」は正課だけでなく、課外のスポーツ活動においても必要な力です。
 
 問いの設定にあたって大事なことは、簡潔に言い切れる内容であることです。何が課題かを明確にいえないということは問いが煮詰まっていないことです。問いを明確にすることが、次の問題解決のステージをスムーズに進めてくれます。

 よくあることですが、問いを煮詰めている、といいながら、堂々巡りの議論、悩みばかりで結論がでないこともあります。「悩む」と「考える」は大きく異なります。次のように整理できるでしょう。
悩む:結論や答えを出すこだわりが少ない。思考停止。ネガティブ、感情でものごとを捉える。主語が一人称
考える:結論や答えを導くことにこだわりがある。体系的に整理。論理的。ポジティブ。主語が一人称以上

 大学生活では、大いに「問う力」を高めて欲しいと願っています。そのためには、悩むのではなく、「考える」「考え抜く」というトレーニングを積んで欲しいと願っています。
posted by 忠 at 17:18| Comment(0) | 男子陸上部☆部長コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: