2015年08月24日

ハイパフォーマンス・ジム

 先月、国立スポーツ科学センターに行き、「ハイパフォーマンス・ジム」を見学してきました。
 ハイパフォーマンス・ジムをパッとみると通常のトレーニング体育館のような印象を受けます。しかし、ゆっくりと個別の設備、機器をのぞくと、各種目の競技特性を明らかにするために、独自開発された装置がゴロゴロと配置されています。同時に、既存のトレーニング装置(施設)に加えて、映像、床反力などのデータがトレーニング中に計測され、正面のモニタにリアルタイムでフィードバックされます。フォーム、運動強度などのチェックが即時に行えるようになっています。もちろん、これらのデータはサーバーに蓄えられて、あとでじっくり見直すこともできます。さらには長期蓄積した上で、体調と照らし合わせながらコンディショニングに活用することもできます。まさに、スポーツ科学をトレーニング現場に導入し、選手が求める客観的なデータを有効活用して、トレーニングを高度化するシステムになっています。このようなシステムは、リハビリ、コンディショニングでも効果を発揮しています。
 アスリートのトレーニング現場での経験、サポートするスポーツ科学の研究知見が非常に上手く融合し、活用されている先進事例です。2020東京大会では、このような日本の新しいスポーツ科学のサポート・貢献が、正しく世界に発信され伝えられること、ならびに活用した選手の活躍を大いに期待しています。
posted by 忠 at 16:07| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: