2015年10月16日

キャリアを考える

 昨今は、大学も含め学校教育の中で、いわゆる「キャリア教育」が導入されています。キャリアときくと、就職活動と同義にみられますが、基本としては、生涯をどのように過ごすのか、その過程、という意味となります。同時に、生涯(ライフキャリア)の多くの部分を、働く・仕事をする、という観点で、どのように仕事をするのか(ワークキャリア)ということで熱心にキャリア教育が行われています。

働く年齢に達したとき、大抵の人は1日8時間程度、つまり1日の1/3の時間を働くことに費やします。働くことは、生活の糧を得るというだけにとどまらず、自己実現、社会貢献につながる大きな事業です。とすれば、「何をして働くのか」、「どのように働くのか」、は人生にとって大きな意味を持ちます。人生が「幸せ」になることを誰もが望みます。その幸せを実現するという意味の中には「良い仕事をする」ということも含まれていると考えています。

良い仕事をしようと思っても、すぐに成果が出せるわけではありません。まずは、仕事の進め方を知り、組織としての役割を理解して、そして仕事の中でアイデアをだしながら、イノベーションを起こしていく必要があります。その前に、大学生にとっては、就職活動によって、働く先を見つけることになります。日本だけでも相当な数の企業あり、どこの企業と縁を持つかは本当に確率からいえば、「偶然」といえるほど低いといえます。とはいえ、やみくもに活動するのではなく、自らの方向性(軸)をしっかり持った上で、相手を知り(業界研究)、自分を知り(自己分析)、進めることになります。その就職活動を迎えた学生の相談を受けることが多いですが、ポイントは3つと話しています。それは、@人間力、A将来性、B本気 であることが評価されると。

これらの3つとも、一朝一夕で身につくものではありませんが、日頃から、何を実現すること(貢献すること)が幸せになるのかをイメージしながら、そのための具体的な仕事を考えておくことが必要になります。学生諸君が、みずからの人生の目標(ビジョン)を意識しながら、そこへ向けて、大学の正課・課外、そして大学外での学びを通じて力を高めて、自らのキャリアを切り開いて欲しいといつも願っています。

posted by 忠 at 16:13| Comment(0) | 男子陸上部☆部長コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: