2016年05月31日

未来の働き方

 いま学生に無くなって困るものは?と質問するとおそらく大半は、「スマホ」と答えるかもしれません。ネット接続によって色んな情報、機能が手元に集約されて非常に便利です。ネットを通じた連絡、電話でのコミュニケーション、ネット決済、学習アプリ、辞書、カメラ、ビデオなど、片手の中にあらゆる機能が収められています。アポロ11号が月面着陸したときに管制制御した当時のコンピュータを遥かにしのぐ性能が今のスマホにはあります。
 このようなネット社会が、さらに進展しIoT(Internet of Things)時代になってきています。これはあらゆる「もの」がインターネットにつながり、センサーと通信機能を持った「もの」が、情報を計測・観測して、判断して、フィードバックを与えることになります。さらには「もの」からの情報が集約され莫大なビックデータをAI(Artificial Intelligence)人工知能の技術により解析し、行動・判断の情報を返すようになります。例えば、ネットである本を検索していて、数日経って別のことをネット検索していると、関連する本の広告を目にすることがあると思います。これなどもAIによる解析によるプロモーションです。別の例では、ソファが欲しいと思って検索していて、数日後に初めて訪れた家具に入った瞬間に店員から名前を言われ、ソファの選択肢を的確にアドバイスされセールスされる、ということが起こります。なぜ、このようなことができるかというと、「検索する」ことで興味・関心の情報が集められ、ネット上のスケジュールから予定が読み解かれ、SNSなどから本人の顔などのデータが取得され、店の入り口の防犯カメラによって、本人の来店が認証された時には、欲しいソファの選択肢、名前、その他のプロフィールが店側にはわかっています。
 このように人の行動について、ネットにつながった多くの情報をAIが判断しその結果を経済的活動に活用することは既に始まっています。そうするとどうなるかといえば、研修してもなかなか成長しない社員を雇うよりは、優秀なAIに投資するようになります。おそらくその傾向はこれから益々加速されるでしょう。いま日本においては、小学校からキャリア教育が始まっていますが、この世代がバリバリ働き出す頃には、今の仕事の半分は無くなり、新しい仕事に置き換わると言われています。場合によっては会社そのものの存続、存続形態も大きく変わると言われています。
 そのような近未来において重要になってくるのは、人間でしか生み出せない高度な価値を生み出す人です。『未来から選ばれる働き方』(神田、若山著、2016)によれば、コネクティング・インテリジェンス(connecting intelligence)が必要であることが強調されています。一人の情報、処理では追いつかない時代にあって、コンピュータの情報も駆使しながら、さらには多くに人々をコネクトして巻き込み、力を引き出しながら、新しい価値を創造していく、起業家的マインド、変容型リーダーシップ持った人材が求められます。
 そのような人材になるためには、失敗を恐れず果敢にチャレンジすること、自己変革を起こしながら、楽しみながら明るく行動できることのようです。このような人材・若者が本学で育ち、輝く未来を拓いてくれることを願っています。
posted by 忠 at 13:55| Comment(0) | 男子陸上部☆部長コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: