2016年08月19日

リオデジャネイロ・オリンピック 大活躍

 リオオリンピックでの日本選手の大活躍は、日本中を元気にしてくれました。選手の皆さん、ありがとうございました。
 先日ある番組に出せてもらった折に、「今回の好成績の原因は?」と問われ、@選手のタレント発掘・育成、Aスポーツ科学の成果の活用、B東京2020決定に伴う選手のモチベーション向上、C国立スポーツ科学センター、ナショナルトレーニングセンターのシステム、の4つが上手く機能しているからと答えました。
 オリンピックで日本選手が活躍できなかった一昔前、二昔前、「精神力が足らず」というコメントを多く聞いたように記憶していますが、今の選手の集中力、活躍ぶりをみていると、精神的には非常にタフになっているのを感じます。おそらく、選手が海外のリーグで世界の強豪と戦かったり、多くの国際試合に転戦するなどスポーツ選手・指導者の“国際化”による好影響と考えています。
 もちろん世界一を競う選手は、極めて質の高いトレーニングを積み重ねます。そのトレーニング、体調管理、競技支援には、スポーツ科学の研究成果が活用されています。選手を支える研究者の喜びは、選手と同様に日夜を問わない研究推進により、選手の背中を1cmでも0.1秒でも押せるように貢献することです。
 東京2020では、選手がさらに質の高いトレーニングで研鑽を積み、それを最先端の研究成果が支援し、「みる」「する」「支える」の全ての人が大きな喜びに包まれることを期待したい。
posted by 忠 at 00:00| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: