2017年07月24日

高校生向けの特別講義

 先日、都内の塾で特別講義をさせてもらいきました。対象はスポーツ科学の分野に興味を持っている高校生でした。話の内容は大きく3つ。@大学で学ぶとは?Aスポーツ健康科学とは?Bこれから求められる人財。今回は、講義だけでなく、グループワークも取り入れました。
 講義途中に1)未来はどうなるか、どんな課題があるか、2)どんな仕事、働き方になるかについて各自で整理する時間を設けた上でグループワークを行ってもらいました。テーマは「20年後の将来を設定し、そのときの社会的課題とそのときの仕事(職業)について」。各グループともに活発に討議し発表してくれました。
 将来像として、少子高齢化の進展、AIとロボットのより活発な社会進出をあげながら、課題解決については、健康寿命の延伸、コミュニティづくり、働き方など多様な議論を展開してくれました。興味を引いたのは、エンターテイメントを活用して健康の維持増進のために、テーマパークのような施設で知らず知らずにうちに運動するようなものができると良いね、という話がありました。また、福祉、介護に触れたチームでは、AIやロボットが進んでも、やはり人間に世話を受けたい人が多いので、この分野の職業が盛んになることをあげていました。さらに全体として、コミュニケーション能力の重要性を認識しているのが印象的でした。
若者が未来像を自分ゴトとしてしっかり考え、その実現に向けた真剣な議論をみることができ頼もしく感じました。
posted by 忠 at 13:11| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: