2017年08月25日

【少しの違いが大きな差を生む少しの違いが大きな差を生む】

 世界陸上のロンドン大会では、世界トップ選手たちによるハイレベルな競技を堪能することができました。より速く、より高く、より遠くへ、そしてより逞しく・スマートに、というのが印象です。

 より速くに関してみれば、100mが世界最速を決める戦いです。スタートからの反応良く飛び出し、加速、最高疾走を迎え、できるだけ減速を少なくゴールを駆け抜ける。あっという間の時間ですが、そのあっという間のわずかな時間を縮めるのに、圧倒的な時間を費やしてトレーニングを選手たちは積んでいます。

 スポーツ健康科学部の大恟赴ウらが、海外の学術誌に発表した研究(Frontiers in Psychology, 2017)によると、スターターのセットからピストルの合図までの時間(いわゆる、用意からドンまでの時間)によって、反応時間に差が出ることが明らかにされました。この時間は、スターターに任された時間ですが、通常1.5秒から2.5秒の範囲のようです。この時間が長い方が、反応時間が良いこと、かつ短い時間との差が0.04秒の違いを生じることを実験的に証明しました。

 100mスプリントにおいて、0.04秒は大きな違いです。ただ、現状ではスターター任せのことであり、何とも仕方がないところです。一方で、自らのスプリントのレースプランは各選手が立てます。今回の銀メダルを取ったリレーメンバーの一人から、スタートダッシュについて直接話しを聞いたことがあります。彼なりに、いくつかのダッシュの戦術があり、それを試しながら、反応時間、30m地点の通過時間、フォームなどを計測して、みずからの戦術、イメージと具体的なタイムとを比べて練習しているとのことでした。その時に、興味深かったのは、単に30m通過時間が早い戦術が、「良い」とは判断しない、ということでした。30m時点までの主観的なエネルギーの使い方、身体の疲労度、フォームなども考慮して、総合的に判断するというものでした。主観的な感覚と客観的なデータとを突き合わせながら、最適、最速の戦術を練っていることを示唆してくれました。

 少しの違いを大事にしながら、全体への影響を適切に判断して、自らの動きを決めていく。まさに人智の限りを尽くすアスリートは大きな差を生むことができるのでしょう。
posted by 忠 at 14:56| Comment(0) | 男子陸上部☆部長コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: