2017年09月25日

速く走るには

 桐生選手が10秒の壁を破り9秒98の日本記録を樹立しました。これをきっかけに陸上のスプリントに注目が集まってきています。
 先日、ある高校で模擬講義をさせてもらいました。桐生選手の記録達成もあり「速く走るには」という内容でバイオメカニクスの講義を依頼されました。走速度を決めるのは、ストライドとピッチのかけ算ですので、これらを大きくすれば速くなるのですが簡単にはいきません。
100m走の場合、スタートからの加速区間、最高疾走区間、それから後半の減速区間の3つに分けて分析されます。最も良いのがスタートで大きく加速し、最高疾走区間での速度が高く、それを減速することなく最後まで維持することです。ですがこの理想は難しい。最高疾走区間で足が地面に接している時間は0.1秒もありません。0.1秒より短い時間で足が地面に作用させた前方へのブレーキ力と後方への推進力の差し引きが、加速、等速、減速を決めます。なので、接地しているときだけでなく足が空中にある間の動きも重要になってきます。もちろん、極めて短い時間で意識しないで実行できるようにするため、選手は繰り返しトレーニングすることになります。
このように丹念な技術トレーニングならびに身体トレーニングによってスプリント能力は向上します。ただし、人智の及ばない自然環境(天候、風など)の影響も無視できません。だからこそ目標達成された記録は宝のように貴重といえます。
posted by 忠 at 12:17| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: