2018年01月15日

【ミッション】

 新しい年が始まりました。年のはじめには、今年の目標を掲げ、将来の夢・目標の実現を願います。みなさんも、今年の競技、学業、将来のキャリアについて目標を立てられたことでしょう。その実現に向けて、今年も一歩、一歩、積み上げて下さい。

 夢・目標を実現させるには、大きな鍵となるものが3つあります。何か分かりますか?
 その1は、夢・目標がありますか?
 その2は、その夢・目標を書いていますか?
 その3は、その実現に向けた具体的な方法が分かっていますか?
 ということだそうです。
 その3までできていると大抵のことは叶うようです。是非、みなさんも試してみて下さい。

 次にちがう角度で、自らの夢・目標の実現ついて考えてみます。Mission という言葉は聞いたことがあると思います。「使命」「任務」「役目」「天職」とも訳されます。それぞの夢・目標は、いわば自らが担うべき、かつ果たすべきミッションと言えるかもしれません。もちろん、個人的なMissionだけでなく、組織・団体にとっても果たすべきMission(理念)はあります。そのMissionの実現に向けて、具体的な方向性(Vision)、具体的な行動(Action)を明確にしながら進めていくことは、個人も組織も同様です。

 同じ行動、作業をしていていても、どのレベルで理解がなされているかは、認識レベルによって異なり、Missionの実現に大きく影響を与えます。たとえて言えば、工事現場でブロックを積んでいる作業員に、「何をしているのですか?」と尋ねたとき、
 A氏:ブロックを積んでいる
 B氏:体育館を造っている
 C氏:歴史に名を残す体育館を造っている
 行っている作業は同じでも、Mission、Vision、Actionのどのレベルを見据えて行動しているのかが異なります。もちろん、C氏のように、Missionを見据えた作業を行っている人が満ちあふれた建設会社が、良い仕事につながるのは言うまでもありません。

 ついつい目の前の作業(トレーニング)にばかり意識が行くと大きな意義を見失うことになります。常に、今行っていることがどのようにMissionにつながるのかが意識できる個人、組織は当然のことながらMissionの実現に近づけるはずです。そのような人財、チームづくりが必要な時代と考えています。
posted by 忠 at 14:23| Comment(0) | 男子陸上部☆部長コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: