2018年05月25日

アクティブ5

 身体を動かすと気分も良くなり、継続的なエクササイズはその特性に応じた効果を生み出すことはよく知られています。平均寿命が男女とも世界のトップである日本では、寝たきり、介護にかからない「健康寿命」を延ばすことが、超高齢化時代の社会的課題として取り上げられています。
 その解決の一つとして、日常の中にさりげなく運動を取り入れてもらい、知らず知らずのうちに健康を維持・増進を図る「運動の生活カルチャー化」を目指した研究に取り組んでいます。ただ、運動が好きでない、苦手な方を、継続的に運動してもらうのはなかなか難しい問題です。そこで、生体情報(心拍、動作、発汗など)をセンシングするウエアを着用してもらい、身体状況、活動状況を知らず知らずに計測して、必要なタイミングでさりげなくエクササイズに誘うようなシステム構築を考え進めています。すべての人をアクティブに、ということで「アクティブ・フォ・オール拠点」と検索すると研究の内容がHPに掲載されています。
 健康寿命を延ばしQOLを高めるために、3分エクササイズ『アクティブ5』を開発しました。特長は@生涯元気になれる5つの運動、A三世代が一緒にシンクロできる楽しさ、B簡単ではないからステップアップと達成感、があげられます。
先のHPにはアクティブ5の説明、動画もあります。日常の中、3分間のエクササイズで身体を楽しませ、そして多世代でつながることも楽しんでみて下さい。
posted by 忠 at 13:51| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: