2018年02月20日

心技体

 韓国・ピョンチャンで開催された冬季オリンピックの感動はまだ記憶に新しいところです。日本選手の生き生きとした大会でのパフォーマンス、演技は本当に素晴らしいものでした。あのオリンピックの舞台に立てるだけでもすごいこと。この間培ってきて磨き上げた能力を大舞台で発揮した選手たちに、国民は励ましと元気をもらいました。
 スポーツ場面で繰り広げられるパフォーマンスは、物理の法則に支配されています。スピードスケートでいえば、スケートのブレードと氷面との接しているときの力のかかり具合、滑りぐあい、姿勢による空気抵抗によって、成績は決まります。そのため、一歩一歩の滑りと滑走姿勢の技術、それを保証するための身体づくり、本番に動じないメンタルづくりを長年かけて作り上げます。よく言われるように心技体です。どれがかけても上手くいきませんが、あくまでも、合理的な動きによってのみパフォーマンスは向上します。ほんのわずかなミスも致命傷となります。
世界のトップたちはホンのわずかな差を積み上げ、まさにしのぎを削るように、過酷なトレーニングに取り組んでいます。その領域は常人には理解できないものです。女子500mで金メダルの小平選手と銀メダルの李選手のレース後の語らいは、頂点を極めるための心技体を磨き上げた同志の深い友情を示しました。世界中の人々に強い感動を与えてくれ、スポーツの真価を示した一瞬でした。
posted by 忠 at 00:00| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

アートの力

 身のまわりにある建物、道具、衣服、日常品などは様々な形、色、質感を持っています。それぞれの意図に合わせてつくられたこれら人工物は、まさに人がつくり出した作品です。その物の持つ機能性だけでなく、使ってみたくなる、買いたくなるという心理的な動機につながる魅力(芸術性)も求められます。
 このような背景からなのか、最近、美大生を雇用する企業が増えていると聞いています。何もデザイン、美術を担当する、という役割だけでなく、経営の議論にも関わり、美的な感性・感覚から組織の中での横串を指すことに役立つ人財として活躍しているようです。
 ご存じのように、社会はいま急激な変化を遂げています。テクノロジーの急速な発展に伴い、社会のシステムも大きく変わってきています。第4次産業革命といわれる時代において既存の路線を踏襲するやり方では追いつかなくなってきています。このことはスポーツの現場でも同様です。テクノロジーの発展による恩恵を受ける時代だからこそ今まで以上に従来とは異なるアイデアが求められるようになってきています。その意味でも、スポーツの強化、指導にあたっては、アートの力、デザイン思考などを取り入れることが今後重要になっていくでしょう。
 これからのアスリートは、科学的で客観的なトレーニングを積み、芸術的な感性とデザイン思考を持って競技力を高め、その強化の中で蓄積した力を社会の中で還元していくことになるでしょう。
posted by 忠 at 16:06| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

OKライン

 女子サッカーのスペインリーグで活躍し、現在メンタルトレーナーとして活動されている後藤史さんから「OKライン」ということを習いました。
 後藤さん自身、スペインへ行ったときに、現地選手と自分自身を比較して、試合前のメンタルのつくり方にまず驚きました。スペインの選手は非常にリラックスしていて本音で緊張感を語り、心配を口に出すのですが、試合では、きっちりと結果を出す。一方、後藤さんは常に高い目標を掲げ試合に臨むのですが結果が出ず、「自分はまだまだダメ」と自己否定して負のスパイラルに入ってしまう。
 現在、メンタルトレーナーとして、自身の経験も踏まえ「OKライン」について選手に理解してもらい、ひとつひとつ成功体験を積み上げながら、自己肯定感を持ちながら最終目標に導く仕事をしています。OKラインとは、自分が「できる」基準を決めて、その基準をクリアして、どんどんとパフォーマンスを高めることです。ついつい選手は、試合前、可能性はあるが、その確率が低く、けれども到達したいと望む目標を掲げてしまいます。これだと出来なければ自己否定につながります。OKラインは「できる」基準を作ります。例えば、球技の試合で普段より大きな声を出す、などでもOKです。大きな大会に勝つという最終目標があった場合、かなり低い基準に見えますが、OKラインを繰り返し越え、自己肯定感を重ね、段階的に最終目標に向かうやり方です。
 急がば回れです。試してみてください。
posted by 忠 at 12:47| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする