2017年09月25日

速く走るには

 桐生選手が10秒の壁を破り9秒98の日本記録を樹立しました。これをきっかけに陸上のスプリントに注目が集まってきています。
 先日、ある高校で模擬講義をさせてもらいました。桐生選手の記録達成もあり「速く走るには」という内容でバイオメカニクスの講義を依頼されました。走速度を決めるのは、ストライドとピッチのかけ算ですので、これらを大きくすれば速くなるのですが簡単にはいきません。
100m走の場合、スタートからの加速区間、最高疾走区間、それから後半の減速区間の3つに分けて分析されます。最も良いのがスタートで大きく加速し、最高疾走区間での速度が高く、それを減速することなく最後まで維持することです。ですがこの理想は難しい。最高疾走区間で足が地面に接している時間は0.1秒もありません。0.1秒より短い時間で足が地面に作用させた前方へのブレーキ力と後方への推進力の差し引きが、加速、等速、減速を決めます。なので、接地しているときだけでなく足が空中にある間の動きも重要になってきます。もちろん、極めて短い時間で意識しないで実行できるようにするため、選手は繰り返しトレーニングすることになります。
このように丹念な技術トレーニングならびに身体トレーニングによってスプリント能力は向上します。ただし、人智の及ばない自然環境(天候、風など)の影響も無視できません。だからこそ目標達成された記録は宝のように貴重といえます。
posted by 忠 at 12:17| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

スポーツにみる応用問題

 この夏、スポーツに真摯に取り組む高校生の試合を観にいく機会がありました。試合で競技成績(パフォーマンス)をあげるには、日常のトレーニングで実力(競技力)を高めることがまず必要です。競技で求められる競技力には競技(種目)ごとに特徴あり、その特徴に合わせてトレーニングを積んでいく必要があります。
 いずれにしても競技力を高めて自分の身体を思い描いたように動かせるようにすることです。ただ、これがなかなか難しい。身体を動かすということは筋肉を使って関節を動かすことです。上肢・下肢には大きな関節が左右に各3つあり、関節自由度(関節が動く軸の数)の合計は28で、かなりの数です。さらには大抵のスポーツは瞬時に全身を動かすので、28もの自由度を短い時間で、最適な順序と力で制御するという作業はかなりの難問です。加えて、同じ年齢、同じ競技レベルであっても体型、筋肉の発達は異なっており、動かし方の「最適解」は人それぞれに違うことになります。
 このように現状の身体能力による「動きの最適解」を求めてトレーニングするわけですが、コンディショニングあるいは試合環境による身体状態の変化は問題をさらに複雑にします。
「スポーツする」とはこのような複雑な応用問題の最適解を常に求める営みということになります。このスポーツすることの理解は「学習、キャリアなど別の方面にも転用可能である」ということを多くのスポーツ経験者が実感しています。
posted by 忠 at 00:00| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

高校生向けの特別講義

 先日、都内の塾で特別講義をさせてもらいきました。対象はスポーツ科学の分野に興味を持っている高校生でした。話の内容は大きく3つ。@大学で学ぶとは?Aスポーツ健康科学とは?Bこれから求められる人財。今回は、講義だけでなく、グループワークも取り入れました。
 講義途中に1)未来はどうなるか、どんな課題があるか、2)どんな仕事、働き方になるかについて各自で整理する時間を設けた上でグループワークを行ってもらいました。テーマは「20年後の将来を設定し、そのときの社会的課題とそのときの仕事(職業)について」。各グループともに活発に討議し発表してくれました。
 将来像として、少子高齢化の進展、AIとロボットのより活発な社会進出をあげながら、課題解決については、健康寿命の延伸、コミュニティづくり、働き方など多様な議論を展開してくれました。興味を引いたのは、エンターテイメントを活用して健康の維持増進のために、テーマパークのような施設で知らず知らずにうちに運動するようなものができると良いね、という話がありました。また、福祉、介護に触れたチームでは、AIやロボットが進んでも、やはり人間に世話を受けたい人が多いので、この分野の職業が盛んになることをあげていました。さらに全体として、コミュニケーション能力の重要性を認識しているのが印象的でした。
若者が未来像を自分ゴトとしてしっかり考え、その実現に向けた真剣な議論をみることができ頼もしく感じました。
posted by 忠 at 13:11| Comment(0) | 【Lakes Magazine】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする