2016年04月26日

ジョコビッチの生まれ変わる食事

 既に読まれた方も多いと思いますが、最近、表題の本を読みました。ジョコビッチとは、現在、世界ナンバー1のテニスプレイヤー、ノバク・ジョコビッチです。

 ジョコビッチは、世界トップレベルになったときに大きな壁にぶち当たります。いつもここぞというときに、腹痛をおこしたり、集中力が切れたり。その原因に「グルテン」があったようです。食事改善をおこない、グルテンフリーの食事に代えてから、急激にパフォーマンスが高まり、安定してきて、現在、世界王者に君臨するようになりました。

 我々の身体は、食物がなければ生命を維持することができません。常に新陳代謝を繰り返しながら、各組織は再生されます。同時に、日常生活、身体活動のエネルギーも補給されなければ活動性を維持することはできません。ましてや身体活動、トレーニングを活発に行うアスリートにとっては、食事(栄養)は、パフォーマンス向上のためのトレーニングと同等に重要なものです。

 ただし、頭ではその重要性を意識していても、日常の食生活の具体的な行動につながらないアスリートも多くいます。特に、大学生アスリートの食事は問題が多いと指摘されています。激しい強化合宿中には、きちっとした食事が出るので調子よくなり、合宿からもどり下宿になった途端に調子が悪くなる、という嘆きをコーチから聞くこともあります。「食」は人+良 を組み合わせた字です。是非、自らの身体、パフォーマンスを良くするという意識で、アスリートは食事に取り組んでほしいと願っています。

 ジョコビッチは、食事のルールとして次の4つを挙げています。
@ ゆっくり意識的にたべよ
A 肉体に明確な指示を出せ
B 前向きであれ
C 量ではなく、質を求めよ
今、食べているものがどのように身体に効くのかを意識して食べることを示しています。これはトレーニングと同じです。いまやっているトレーニングが何に効くのかを「意識」して取り組む、という意識性の原則につながります。

 また、この本にはジョコビッチの生まれ育った国が置かれた状況にも書かれています。ジョコビッチは、現在、スロベニア出身ですが、もともとユーゴスラビアという国から分離・独立しています。ヨーロッパにおける民族紛争の激しい地域での経験から、人間としてどのように営むのか、について次のような想いを語っています。

「どこも痛くないときは、小さな石を靴の中に入れて、歩きなさい」
 なぜなら、こういうことをすれば他人の痛みに思いを致すことができるからだ。つまるところ、私たちは地球上にひとりぼっちになるために生まれたわけではない。私たちはお互いから学び、団結してこの星をより住みやすい場所にするために創られたのだ。

 そしてイギリスの宰相チャーチルの言葉、「私たちは得るもので生活するが、与えるものによって人生を形作る」を引用して、つまり周囲の人々に与えれば与えるほど、あなたの魂は大きく成長し、人間としても大きくなれるのだ。と激しい戦闘を経験した人間としての深い洞察を込めています。

 最後に、『自分を制御できる力の大きさが、あなたの人生の質を決める』
 と食事、生活、トレーニング、仕事に通じる感慨深い言葉で結んでいます。

 一読を勧めたい本です。
posted by 忠 at 15:08| Comment(0) | 男子陸上部☆部長コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

春合宿

 中学生の頃に習った英語に、Spring has come.(春がやってきた)というのがありました。春一番が各地で吹き始め、いよいよこれからというところです。もちろん、spring は、「春」を意味しますが、別の意味で「バネ、弾性」という意味もあります。ベッド、トランポリンなどに使われているスプリングは、こちらの意味です。

 春はまさに生命、泉がわき出るイメージであり、「青春」は人生の中でもっともエネルギー、生命力がコンコンとわき上がる時期を指します。まさに、これから世に出る若者が、バネをためてピョンと跳びはねる時期といえます。

 この2,3月は、陸上部も次期のシーズンに向けて春合宿を行っています。来たるべきシーズンでの成果を最大にすべく、自らのバネを巻き上げ、エネルギーを蓄えて、シーズンで爆発することを願いながら合宿を過ごしてきています。もちろん、生身の身体ですので、バネの巻き上げを急激にしすぎても、ゆるめにしても最大の効果は得られません。最適な巻き上げを意識しつつも、チャレンジした取り組みも必要になります。そのあたりの微妙な調整が求められるのが春合宿でしょう。

 青春の貴重な時間に、自らの限界へのチャレンジをする若者は、得がたい経験を積み、その体験知がこれからの競技のみならず、それ以降のライフキャリアにとっても大きな財産となります。

 しっかりとスプリングを巻き込み、来たるべきシーズンに備えて欲しいと願っています。さらには、春合宿での経験を競技だけに留めず、今後のキャリアへ展開できる知へと伸ばしてくれることも期待しています。
posted by 忠 at 12:40| Comment(0) | 男子陸上部☆部長コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

キャリアを考える

 昨今は、大学も含め学校教育の中で、いわゆる「キャリア教育」が導入されています。キャリアときくと、就職活動と同義にみられますが、基本としては、生涯をどのように過ごすのか、その過程、という意味となります。同時に、生涯(ライフキャリア)の多くの部分を、働く・仕事をする、という観点で、どのように仕事をするのか(ワークキャリア)ということで熱心にキャリア教育が行われています。

働く年齢に達したとき、大抵の人は1日8時間程度、つまり1日の1/3の時間を働くことに費やします。働くことは、生活の糧を得るというだけにとどまらず、自己実現、社会貢献につながる大きな事業です。とすれば、「何をして働くのか」、「どのように働くのか」、は人生にとって大きな意味を持ちます。人生が「幸せ」になることを誰もが望みます。その幸せを実現するという意味の中には「良い仕事をする」ということも含まれていると考えています。

良い仕事をしようと思っても、すぐに成果が出せるわけではありません。まずは、仕事の進め方を知り、組織としての役割を理解して、そして仕事の中でアイデアをだしながら、イノベーションを起こしていく必要があります。その前に、大学生にとっては、就職活動によって、働く先を見つけることになります。日本だけでも相当な数の企業あり、どこの企業と縁を持つかは本当に確率からいえば、「偶然」といえるほど低いといえます。とはいえ、やみくもに活動するのではなく、自らの方向性(軸)をしっかり持った上で、相手を知り(業界研究)、自分を知り(自己分析)、進めることになります。その就職活動を迎えた学生の相談を受けることが多いですが、ポイントは3つと話しています。それは、@人間力、A将来性、B本気 であることが評価されると。

これらの3つとも、一朝一夕で身につくものではありませんが、日頃から、何を実現すること(貢献すること)が幸せになるのかをイメージしながら、そのための具体的な仕事を考えておくことが必要になります。学生諸君が、みずからの人生の目標(ビジョン)を意識しながら、そこへ向けて、大学の正課・課外、そして大学外での学びを通じて力を高めて、自らのキャリアを切り開いて欲しいといつも願っています。

posted by 忠 at 16:13| Comment(0) | 男子陸上部☆部長コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする